厚労省職員と内閣官房職員が感染 クルーズ船で業務[2020/02/20 15:25]

 横浜港のクルーズ船で事務作業をしていた厚生労働省の職員1人と内閣官房の職員1人が新型コロナウイルスに感染していたことが分かりました。

 厚労省によりますと、新型コロナウイルスへの感染が確認された厚労省の職員は東京都の40代男性で、12日からクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で勤務していました。内閣官房の職員は埼玉県の30代男性で、11日から船内で勤務していました。2人はすでに入院し、治療を受けています。

こんな記事も読まれています