横浜港のクルーズ船 新たに13人が感染[2020/02/21 06:13]

 横浜港のクルーズ船で新たに13人の乗船者が新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。これで感染が確認された乗船者は634人になりました。

 厚生労働省によりますと、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」では横浜港に到着した3日以降、乗客乗員約3700人へのウイルス検査が行われてきました。今回、新たに52人の検査結果が出て、乗客2人と乗員11人の感染が確認されました。このうち6人には発熱やせきなどの症状はないということです。一方、20日は14日間の健康観察期間を終えてウイルス検査で「陰性」となっていた274人が下船しました。19日と20日で合わせて1000人の乗客が下船予定でしたが、717人にとどまりました。ただ、厚労省は21日で乗客の下船が終了するとしています。

こんな記事も読まれています