「クルーズ船の乗客は悪人ですか?」ある教師の手紙[2020/02/24 14:31]

 新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船で医療活動をした人や船を下りた乗客に対する誹謗(ひぼう)中傷が始まっています。そんななか、東北地方のある高校では、教師が「想像力が大切」と生徒に手紙で呼び掛けています。その手紙の一部を紹介します。

 「人間は不安に駆られた時、最も暴力的になる。人間性が試されます」。中国の人は悪人ですか?中国帰りの人は?日本で初めてウイルスに感染した人、そして、医師とその家族。クルーズ船の乗客は?もちろん悪人ではない。不運にも最初に感染し、ニュースになっただけのこと。でも、それを理解しつつ、皆さんはその人たちに対して人間的に接する自信はありますか?最も大事なこと。それは想像力です。どんな状況の人で、どんな考え方をしている人であっても「私自身と同じ喜び、悲しみの感情を持ち、愛する人がいる、ひとりの人間である」。例えば、クルーズ船に乗って感染した人。金持ちで優雅な旅をしている人だから我慢しろよ、とか。半分ひがみの混じったつぶやきがネットで出回ってるんじゃないかな。私は見ないから知らないけど、もしかしたら、困難を乗り越えてやっと余裕ができて、夫婦そろって思い出の旅に出ていたのかもしれない。余命短いことが分かって、最後の旅をしている人がいるのかもしれない。とにかくその人の人生があるはずなのです。

こんな記事も読まれています