研修医が感染 濃厚接触者132人は全員“陰性”[2020/03/09 22:26]

 6日に新型コロナウイルスへの感染が判明した研修医の濃厚接触者として検査を受けていた相模原協同病院の同僚の医師や患者ら132人が全員、陰性だったことが分かりました。

 男性研修医は先月21日、感染が確認されたJR東日本の50代の職員が相模原協同病院を受診した際に立ち会っていて、10日後からせきが出始め、その後に感染が確認されました。神奈川県相模原市によりますと、この研修医の濃厚接触者として同僚の医師や患者ら合わせて132人を検査したところ、今月8日までに全員が陰性だったことが分かりました。この結果を受け、相模原協同病院は10日から外来診療と救急患者の受け入れを開始する予定です。

こんな記事も読まれています