専門家会議「持ちこたえている」自粛要請継続求める[2020/03/10 06:14]

 新型コロナウイルスの国内での感染状況について、政府の専門家会議は「何とか持ちこたえている」との見解をまとめました。19日をめどに政府の対策の効果を公表するとしていて、それまで自粛要請などを続けるよう求めています。

 加藤厚生労働大臣:「諸外国と比較しても爆発的な感染拡大には進んでおらず、何とか持ちこたえられているという状況」
 専門家会議はイベントの自粛や休校の要請など政府の対策の効果について、19日をめどに公表するとしました。政府に対してはそれまで自粛要請などの対応を続けるよう求めています。また、感染拡大を最小限に食い止めるには集団感染の早期発見や重症者の集中治療の強化、さらには感染しやすい状況を意識的に減らす国民の行動が必要だと指摘しました。

こんな記事も読まれています