五輪「新たな出発 東京2020大会実施本部」発足[2020/03/26 20:40]

 東京オリンピック・パラリンピックの延期を受け、大会組織委員会は来年の開催に向けた新たな計画を策定する実施本部を立ち上げました。

 大会組織委員会は26日に「新たな出発東京2020大会実施本部」を立ち上げ、幹部らが出席して第1回目の会議を行いました。森会長はあいさつで「7年かけてやってきたことを半年くらいで調整しなければならない」と話したうえで、ラグビーの試合に例えて「フォワード戦ではなく展開戦だ」「時間をかけることなく即断即決が大事になる」と述べました。本部長に就任した武藤事務総長は会場が空いているのか様々な契約をどうするのかなど4つの課題をあげたうえで、開催日程を早急に決めていく考えを示しました。また、延期による追加経費は「かなり巨額に上るのではないか」と予測しました。

こんな記事も読まれています