医療崩壊近づく…日本医師会が「危機的状況宣言」[2020/04/01 23:16]

 日本医師会は新型コロナウイルスの感染拡大によって医療崩壊が近付いているとして「医療危機的状況」を宣言しました。

 日本医師会によりますと、すでに一部の地域で病院のベッド不足が始まっています。そうした状況を踏まえてベッド数よりも新たな患者の方がはるかに多くなる医療崩壊が近付いているとの認識を示しました。こうした状況を乗り切るには国民的な理解と協力が必要だとして医療危機的状況を宣言し、国民に対して感染を広げない対策や適切な行動をするなど協力を求めています。政府に対しては、日本医師会として緊急事態宣言を早急に出すよう求めているということです。

こんな記事も読まれています