神奈川・大和署で女性職員感染 車庫証明の調査担当[2020/04/07 12:48]

 神奈川県警の大和警察署に勤務する非常勤職員の50代の女性が新型コロナウイルスに感染していたことが分かりました。神奈川県警で職員の感染が確認されたのは初めてです。

 神奈川県警によりますと、感染が確認されたのは大和警察署交通課で車庫調査を担当する非常勤職員の50代の女性です。女性は先月30日に発熱しましたが、翌日に熱が下がったため今月3日まで勤務していました。その後に再び発熱したため入院して検査したところ、6日に陽性が判明しました。女性は車庫証明の申請があった一般の住宅や事務所などを訪問して調査する担当で、症状が出た後も約60件の調査を行っていました。大和警察署は女性と同じ部屋で勤務していた職員ら5人に自宅待機を指示しているということです。6日までに署内の消毒を終えていて、窓口などは通常の対応を続けています。神奈川県警は今後、女性が訪問した住宅などで接触した人の特定を進めるとしています。

こんな記事も読まれています