岐阜県が独自の「非常事態宣言」 感染拡大を受け[2020/04/10 15:18]

 岐阜県の古田知事は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県独自の「非常事態」を宣言しました。

 「非常事態宣言」は県の対策会議で出されました。岐阜県ではこれまでに感染者が86人確認されていて、県内で3つのクラスターが発生しています。非常事態における総合対策として公立学校の臨時休校を来月6日までに延長するほか、幼稚園や保育所、放課後児童クラブなどにも臨時休業を要請するとしています。また、医療体制の強化として一日に最大120件だった検査能力を310件とし、ホテルの部屋を200室ほど確保して病床数を増加させる方針です。また、県民に対してより強く外出自粛を呼び掛けています。

こんな記事も読まれています