川崎市で感染者2人が死亡 1人は旅行者の30代女性[2020/04/13 18:18]

 川崎市で新たに3人が新型コロナウイルスに感染し、2人が死亡したことが分かりました。死亡した30代の女性は海外からの旅行者でした。

 川崎市によりますと、新たに感染が確認されたのは、川崎区の50代男性と中原区の20代と40代女性の3人です。また、すでに感染が確認されていた30代と90代の女性2人が死亡しました。死亡した30代の外国籍の女性はヨーロッパ方面からの旅行者で、先月15日に外国籍の夫と入国し、川崎市内の知人宅に滞在していた17日に、発熱の症状が出たということです。女性は熱の症状が続いていましたが、先月18日から20日まで金沢や京都を観光していました。先月21日に川崎市に戻ってきた際に市内の病院を受診し、翌22日に「陽性」と分かりましたが、13日に入院先の病院で死亡したということです。濃厚接触者の夫は健康観察を終えていて、症状はないということです。

こんな記事も読まれています