東京・杉並区の病院で「発熱外来」のテントが新設[2020/04/15 11:56]

 感染の疑いがある症状が出た人たちを場所を分けて診療するため、東京・杉並区で病院の敷地に「発熱外来センター」のテントの設置が始まりました。

 杉並区では新型コロナウイルスの感染者や疑いがある人を4つの基幹病院で受け入れていますが、感染者や診療に来る人が急激に増えています。このため、4つの基幹病院に発熱外来センターを設けることにしました。発熱やせきなど症状が出た人たちを医師会の開業医が診療します。区は「基幹病院の診療機能を強化して地域医療の崩壊を防ぎたい」としています。

こんな記事も読まれています