受刑者と接触も…北海道月形刑務所の刑務官が感染[2020/04/15 19:58]

 法務省は、北海道の月形刑務所の刑務官が新型コロナウイルスに感染したことを公表しました。

 法務省によりますと、15日にPCR検査で陽性が判明したのは月形刑務所の20代の男性刑務官です。男性は6日ごろから倦怠(けんたい)感などがあり、その後に発熱したということです。男性は体調不良を感じた後も2日間、マスクを着用したうえで受刑者の入浴の立ち会いや建物内を巡回など受刑者と接する業務を行っていました。法務省は男性と接触したとみられる職員を自宅待機とするほか、受刑者を単独室に移すなどの措置を講じるとしています。

こんな記事も読まれています