コロナ影響の“解雇”や“雇い止め”は3391人に[2020/04/28 11:27]

 厚生労働省によりますと、新型コロナウイルスの影響で解雇や契約を更新されない、いわゆる雇い止めとなった人の数は27日までに3391人に上っています。特に宿泊や飲食サービス業で多く見られたということです。28日に発表された3月の有効求人倍率も前月より0.06ポイント低い1.39倍で3カ月連続の低下となり、雇用情勢への影響が鮮明になっています。

こんな記事も読まれています