江の島でイルカ救出作戦 水族館スタッフ奮闘[2020/05/09 18:01]

 神奈川県の江の島近くの砂浜にイルカが打ち上げられているのが見つかりました。

 9日午前10時半ごろ、新江ノ島水族館に「生きているイルカが波打ち際にいる」と連絡がありました。イルカ担当の飼育員らが駆け付けると、体長2メートル20センチほどの雌のスジイルカが波打ち際で動けなくなっていました。イルカはヒレを動かすなどまだ体力が残っていて、飼育員らがけががないかどうか確認して海に戻しました。自分の力で元気に泳いでいったということです。
 新江ノ島水族館・秋山大志さん:「泳いだのを確認した最後に姿が見えなくなった。そのまま沖の方に戻ってくれたんじゃないかな」
 相模湾では年に何度かイルカが打ち上げられますが、江の島の近くでは珍しいということです。

こんな記事も読まれています