六ケ所村の再処理施設 新規制基準に事実上合格へ[2020/05/13 12:00]

 原子力規制委員会は、青森・六ケ所村にある日本原燃の使用済み核燃料の再処理工場について審査書案の取りまとめを始めました。まとまれば新規制基準に事実上の合格となります。

 六ケ所村にある再処理工場は使用済み核燃料を再処理してプルトニウムとウランを取り出し、両者を混ぜ合わせたMOX燃料を作るための工場です。大手電力各社は、この施設に約14兆円という巨額の投資を行いました。しかし、福島の原発事故後、MOX燃料を使う原発はわずか4基にとどまっています。再処理工場でMOX燃料を作っても使いどころがないのが現状です。この再処理工場の必要性について、専門家からも疑問の声が出ています。
 前原子力規制委員長・田中俊一氏:「プルトニウムを作り出してもそれを使う道がない。使う予定のないプルトニウムは保有しないというのが日本の国際約束なんですね。(核燃料サイクルは)現実を無視した考え方。早急に政策の見直しを図らないといけない」
 プルトニウムについては日本はすでに約46トン所有していて、これ以上増やせば核不拡散の原則に反して国際問題になりかねないということです。

こんな記事も読まれています