新型コロナで打撃 文化・芸術関係者に20万円給付[2020/05/27 22:01]

 文化庁は新型コロナウイルスで大きな打撃を受けた芸術家やスタッフらを支援するため、第2次補正予算案に約500億円を計上しました。1人あたり20万円を支援できる見込みです。

 芸能や音楽・映画などの21団体で作る文化芸術推進フォーラムによりますと、2月末に政府が大規模イベントの自粛を要請してからの損失は2000億円以上と推計されています。文化庁は自粛を余儀なくされた文化芸術分野で活動する個人や小規模事業者に、20万円を給付する案を発表しました。また、動画配信サイトで活動を配信するなど、新たな収入のための事業を始めた場合、最大で150万円を給付するということです。文化庁は第2次補正予算案で文化芸術関係者らの支援に約500億円を計上しました。

こんな記事も読まれています