「自粛していない」 新型コロナ絡む通報2200件超[2020/05/28 22:14]

 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の期間中、東京都内で新型コロナウイルスに関連した110番通報の件数が2000件以上あったことが分かりました。

 警視庁によりますと、緊急事態宣言が出された先月7日から今月25日までの間、都内で新型コロナウイルスに関連した110番通報は2297件でした。通報の内容は「飲食店が自粛をしていない」などという指摘や「外を歩いている人がいる」「学校が休みなのに学生が出歩いているのはおかしい」「注意をしてほしい」といった要望が多かったということです。「隣人の物音がうるさい」などと言った騒音に関する苦情は約2万8000件ありました。外出自粛要請の影響で家にいる人が増えたためとみられています。

こんな記事も読まれています