コロナで困窮の外国人急増 横浜NPOが食料支援[2020/06/20 12:15]

 新型コロナウイルスの影響で仕事を失うなどして、支援を求める外国人の家族が急増していて、横浜市のNPOが食料を送る作業に追われています。

 横浜市鶴見区のNPOは、寄付で集めた食料やマスクを先月から外国人の家族に送っています。新型コロナの影響で解雇され、家賃の支払いや食べ物を買うことが難しくなった外国人が急増していて約1カ月で72の家族に食料を送ったということです。
 NPO ABCジャパン・安富祖美智江理事長:「自分の国に戻れないし、日本で暮らすのに家賃が払えない。食べ物も少なくなってくる」
 NPOは、国の10万円の給付金を使い切る人が増えるとみられる来月以降、困窮する家族がさらに増加するとみていて、食料の寄付を呼び掛けています。

【ABCジャパン電話番号045−550−3455】

こんな記事も読まれています