“コロナ”都が新指標公表へ 休業の数値基準設けず[2020/06/30 11:54]

 東京都は見直しを進めてきた新型コロナウイルスの感染状況を分析するためのモニタリング指標に感染経路が不明な人の数などを追加する方針です。一方で、具体的な数値基準は設けない方向で最終調整しています。

 東京都はモニタリング指標や、それをもとに注意喚起する方法について見直しを進めてきました。都の関係者によりますと、新たな指標には感染経路の不明な人の数や東京消防庁に寄せられた発熱に関する相談件数を追加する方向で最終調整しています。また、発熱患者を救急搬送する際、地域の病院がどれほど受け入れられるかの状況も項目として検討されていて、より正確に医療提供体制を把握したい考えです。一方で、休業などを再要請するための具体的な数値基準は設けない方針です。小池都知事は30日夜に臨時会見し、新たな指標について詳しく説明するとみられます。

こんな記事も読まれています