熊本・球磨川流域で被害大 55人死亡9人不明[2020/07/09 06:48]

 記録的な大雨により、熊本県ではこれまでに55人が死亡して9人の行方が分かっていません。

 熊本県では氾濫した球磨川の流域で大きな被害が出ています。球磨村では特別養護老人ホームが水没して14人が死亡したほか、行方不明になった女性が約70キロ離れた宇城市の海岸で見つかるなど18人が犠牲となりました。また、市街地が広範囲に水没した人吉市では18人が死亡し、芦北町では土砂崩れに住宅ごと巻き込まれて10人が死亡するなどこれまでに県全体で55人が死亡し、4人が心肺停止、今も9人の行方が分かっていません。芦北町ではボランティアの活動も始まっていますが、新型コロナウイルスの影響で募集は県内在住の人に限定されています。

こんな記事も読まれています