去年デビューの作家が快挙 芥川賞、直木賞を発表[2020/07/15 19:05]

 芥川賞には2作品が選ばれました。

 第163回芥川賞に選ばれたのは高山羽根子さん(45)の「首里の馬」と遠野遥さん(28)の「破局」です。首里の馬は沖縄を舞台に主人公の女性と「宮古馬」との交流を描いた物語です。破局は大学生の主人公が2人の女性との恋愛から感情が欠落した自らを見つめるという作品です。遠野遥さんは去年、作家デビューしたばかりでの受賞となりました。また、直木賞には馳星周さん(55)の「少年と犬」が選ばれました。馳さんは今回を含めて7回、直木賞にノミネートされていました。

こんな記事も読まれています