藤井棋聖「徐々に実感が」 18歳の抱負は「飛翔」[2020/07/22 06:19]

 史上最年少の17歳11カ月で将棋のタイトルを獲得した藤井聡太棋聖(18)が単独インタビューに応じ、今後の抱負を「飛翔」という2文字で表しました。

 藤井聡太棋聖:「(Q.棋聖になった実感は?)当初は全く実感はなかったんですけど、その後に対局もあったりして、やはり何とか徐々にそういったのを実感する場面が増えているなと」
 藤井棋聖はタイトル獲得の3日後に18歳の誕生日を迎えています。
 藤井聡太棋聖:「17歳の1年間は王将リーグや棋聖戦・王位戦などで今までにはない本当に良い経験ができたというふうに思っています。そういった経験を今年のさらなる飛躍につなげたいなというふうに思っています」

こんな記事も読まれています