コロナ重症患者の4割超に喫煙歴 研究所が症状解析[2020/08/06 19:03]

 重症患者の4割以上に喫煙歴があったということです。

 東京・新宿区の国立国際医療研究センターは7月上旬までに新型コロナウイルスで入院した患者約2600人の症状などを解析し、中間結果を発表しました。対象患者の9割は軽症や中等症でしたが、223人がECMO(体外式膜型人工肺)などでの呼吸管理が必要な重症患者でした。その8割近くが男性でまた、重症患者の4割以上に喫煙歴があったということです。入院した際の症状は37.5度以上の発熱やせき、倦怠(けんたい)感などがほとんどで、味覚や臭覚の異常は軽症患者に多く見られたということです。

こんな記事も読まれています