サガン鳥栖でクラスター 感染計10人に 活動自粛へ[2020/08/13 06:16]

 サッカーJ1のサガン鳥栖で12日、新たに9人が新型コロナウイルスに感染したことが分かり、これでチーム関係者の感染は10人になりました。

 サガン・ドリームス、竹原稔社長:「大変ご心配掛ける事態を招いてしまいましたことを心よりおわび申し上げます」
 サガン鳥栖では10日、金明輝監督の感染が判明したことから、選手とスタッフ全員のPCR検査が実施されました。その結果、12日に選手6人、スタッフ3人の合わせて9人に陽性反応が確認されました。これまでのところ、選手6人のうち喉に痛みを訴えている1人を除いて体調不良や味覚障害などの症状はないということです。サガン鳥栖は今後2週間程度、活動を自粛するとともにホームの駅前不動産スタジアムで13日に更衣室などの消毒が行われる予定です。

こんな記事も読まれています