もはやマスクはファッション!TPOや装いで選ぶ時代[2020/09/07 20:18]

 いよいよ秋の気配も近付くなか、マスクも衣替えのシーズンを迎えています。最新マスクグッズも登場です。

 週末に都内で開かれたのは3000点の手作りマスクが展示・販売されたイベント。その名も「明日のマスク何にする?展」。ハロウィーン仕様やニット素材で作られたマスクも。マスクにも衣替えが到来といったところでしょうか。イベントを主催したハンドメイド作品を取引するサイトでは…。
 ハンドメイドサイト「クリーマ」代表取締役社長・丸林耕太郎さん:「(販売している)サイトでも爆発的な規模の10万点が出品された。結婚式にはこれが合うよね。着物を着る時はこれが合うよね。(TPOで)かなり使い分けている印象がある」
 もはやマスクはTPOに合わせて選ぶ時代となりつつあるようです。展示会は現在、オンラインで開催中。洋服や持ち物とのコーディネートも提案してくれます。
 一方、新型コロナウイルスで一時期、打撃を受けていた美容業界にも長引く“マスク生活”で思わぬ流れが出てきました。顔の6割を覆うマスク、そのなかで唯一見える目元を強調するメイクグッズの売り上げが前年と比べると4倍以上の売り上げになっているのです。
 長引くマスクとの共存。もちろんマスク内の環境にもこだわりたいところです。そこで今月末から販売されるのが空気清浄機のメーカーが開発した除菌・消臭シールです。
 anti bac2kスタッフ・田中紗恵さん:「マスクを着ける機会が増えたので、マスクの中の空気を気にされる方が多い」

こんな記事も読まれています