「ポケモン」偽グッズネット販売か 親子を書類送検[2020/09/10 17:27]

 人気ゲーム「ポケットモンスター」の偽のグッズを販売したとして、49歳の母親と23歳の息子が書類送検されました。

 京都市の男性会社員と兵庫県三木市に住む男性の母親は去年10月、ポケットモンスターのカードゲーム用グッズを無許可で作成されたものと知りながらインターネットを通じて販売した著作権法違反などの疑いで書類送検されました。警視庁によりますと、2人はグッズを中国のサイトを通じて1個700円で仕入れると、3000円ほどで転売していました。1年間で700回ほど販売を繰り返し、約200万円を売り上げていました。取り調べに対し、男性は「金もうけのためにやった」母親は「息子にお金をもうけさせたい為にやりました」と容疑を認めています。

こんな記事も読まれています