会社名入ったバッグ発見 宮崎・土砂崩れで4人不明[2020/09/12 16:17]

 宮崎県椎葉村で建設会社の事務所などが土砂に流されて4人が不明の現場では、雨のなか捜索が続いていて、下流のダムから12日朝に建設会社の名前の書かれたバッグなどが見つかりました。

 行方が分からなくなっているのは椎葉村の建設会社の社長の妻・相生勝子さんと息子で専務の泰孝さん、そして、ベトナム人技能実習生2人の合わせて4人です。12日は消防団や警察など約120人が捜索して時折、雨が降るなか、現場沿いの十根川や下流の耳川にあるダムなどで4人の手掛かりを捜しました。現場から約20キロ下流の諸塚村にあるダムでは、これまでに建物の柱が見つかっていて、朝には建設会社の名前が書かれたバッグが見つかりました。捜索は午後も続けられています。

こんな記事も読まれています