ベニズワイガニ初競り コロナで去年より安く[2020/09/14 11:41]

 鳥取県でベニズワイガニ漁が解禁され、14日朝に初競りが行われました。新型コロナウイルスの影響で平均価格は去年よりも2000円下がっています。

 ベニズワイガニの漁獲量日本一を誇る鳥取県境港市の境港に隠岐の島の近海で漁をしていた船が朝に戻りました。台風の影響で、例年に比べて1週間ほど遅い初水揚げとなりました。
 境港カニ水揚げ日本一PR実行委・越河彰統会長:「需要ホントにね、コロナ前の、いや、コロナ(前)以上の状況となることを祈ってます」
 新型コロナの影響で旅館や飲食店の需要が減り、禁漁期間に入る前の水揚げ額は去年の半分程度でした。初競りの平均価格は30キロ入りの1ケースが去年よりも2000円安い約1万円でした。

こんな記事も読まれています