東京23区の時短要請15日で終了 酒提供の飲食店など[2020/09/15 14:54]

 新型コロナウイルスの感染を防ぐために東京都が飲食店などに要請していた営業時間短縮の期間が15日で終了します。

 東京都は、23区内で酒を提供する飲食店やカラオケ店に対して午後10時までに閉店するよう営業時間の短縮を要請していました。要請は当初、先月3日から31日まで都内全域に出ていましたが、23区に限って今月15日まで延長されていました。今月の要請に応じた中小の事業者には15万円の協力金が支払われます。申請の受け付けは来月1日から始まります。

こんな記事も読まれています