熊本大研究員の死体遺棄で逮捕の男 殺害認める供述[2020/09/16 06:14]

 熊本大学の女性研究員が殺害され遺棄された事件で逮捕、送検された男が、女性の殺害について認める供述をしていることが分かりました。

 熊本市の無職・熊谷和洋容疑者(67)は6日、熊本大学の研究員の女性(35)の遺体を遺棄した疑いが持たれています。警察によりますと、熊谷容疑者はこれまで死体遺棄の容疑については認めていましたが、取り調べを進めるなかで新たに女性の殺害も認める供述をしているということです。
 容疑者が住むビルの住人:「(容疑者について)細身ですよ。眼鏡掛けてたと思いますけどね。毎日、洗濯をするような人で、結構きれい好きな人だなあと」
 警察は熊谷容疑者単独での犯行とみていて、容疑が固まり次第、殺人の疑いで再逮捕する方針です。

こんな記事も読まれています