藤井二冠「封じ手」の入札最高額1500万円[2020/09/21 00:52]

 将棋の藤井聡太二冠が史上最年少で二冠になった王位戦の封じ手3通のオークションが終了し、入札の最高額は1500万円となりました。

 日本将棋連盟は14日、第61期王位戦7番勝負の封じ手3通をオークションに出品しました。藤井二冠が初めて行った第2局の封じ手は550万1000円でした。前の王位の木村一基九段が行った第3局の封じ手は200万1000円でした。オークションは第1局の後に九州豪雨が起きたことから木村九段が提案したもので、収益金は九州豪雨の被災地に寄付されます。

こんな記事も読まれています