妻の遺体を山林に遺棄か 37歳夫逮捕…自ら捜索願も[2020/10/15 10:40]

 岩手県奥州市の山林で今年4月に白骨化した女性の遺体が見つかった事件で、警察は女性の37歳の夫を死体遺棄の疑いで逮捕しました。

 岩手県平泉町の会社員・千葉祐介容疑者は去年5月31日から7月上旬までの間に、奥州市の山林に妻で医療事務員の恵さん(当時36)の遺体を遺棄した疑いが持たれています。警察の調べに対して千葉容疑者は死体遺棄容疑について認めていて、殺害についてもほのめかす供述をしているということです。千葉容疑者は口論になり、恵さんが自宅を出てから行方が分からなくなったとして去年6月、警察に捜索願を出していました。

こんな記事も読まれています