「バーチャル修学旅行」中高生700人超が参加[2020/10/26 21:52]

 このイベントには全国から700人以上の中高生が参加しました。
 広島の被爆者でノーベル平和賞授賞式でスピーチを行ったサーロー節子さんや長崎出身で被爆2世を自覚するサッカー日本代表の森保一監督、沖縄出身のタレント・りゅうちぇるさんが講演をし、質疑応答も行われました。
 参加した高校生:「日本の加害面を学ぶのもすごく大切だと思う。戦争を経験ししていない世代は何を学んでおくべきか」
 サーロー節子さん:「自分の体験の話をする。それだけでは相手に十分に説得力がない。私はおわびします。正直に」
 特別支援学校生:「皆が優しく仲良くしていくには、どうしたらいいか」
 りゅうちぇるさん:「一つの分野や一つのメディアで決め付けず、現地の人とコミュニケーションを取るとか、しっかり自分のなかで確認する、自発的に調べてみることが何よりも大切。思いやりを持って人とコミュニケーションを取ることは何よりも大切」
 参加した学生:「何度もうるってきたり、平和について改めて考えることができてよかった」「来世にどんどん語り継いでいかないといけない内容だと改めて思った」
 この模様はテレビ朝日バーチャル修学旅行の公式HPでご覧頂けます。

こんな記事も読まれています