虐待から救え!警察と児相が児童の保護訓練行う[2020/11/09 17:28]

 虐待が疑われる子どもを保護する訓練が行われました。

 訓練は両親が調査を拒否するなか、児童相談所の職員と警察官が協力して風呂場にいる子どもを保護する想定で行われました。千葉県によりますと、虐待認知件数は増え続けていて、2018年度は8年前の約3倍にあたる9000件に上っています。県は児童相談所の職員を毎年50人ほど新たに採用し、態勢の強化を図っています。

こんな記事も読まれています