客が勝手に応募!?カレーパンGP金賞 船橋のお店[2020/11/09 19:16]

 カレーパンの全国大会で見事に千葉県船橋市から2つの店が受賞しました。ところが、お店はびっくり仰天。知らない間にエントリーされていたそうです。

 客が絶賛するのは船橋市にある創業45年のパン店が出すカレーパンです。牛肉やニンジン、タマネギなどの野菜をじっくりと煮込んだ、こだわりのカレーを包んでいます。多い時には一日600個ほど売れるという人気のカレーパンが最近、注目されています。その理由が…。
 ピーターパン石窯パン工房・坂本藍店長:「私、すごく驚いたんですけども、最高金賞ってことがすごく本当にうれしいなーって」
 実は先日、カレーパンの日本一決定戦「カレーパングランプリ」の「東日本 揚げカレーパン部門」で最高金賞に輝いたのです。驚きなのは、それだけではありません。
 ピーターパン石窯パン工房・坂本藍店長:「そもそも私たちがエントリーしたというものではなかったんですけど、お客様が(応募)して下さって、エントリーされましたよというような形です」
 なんと、客が勝手に「カレーパングランプリ」に応募したというのです。その後、知らぬ間に決勝に進出、最高金賞を取ったのです。
 ピーターパン石窯パン工房・坂本藍店長:「カレーパン最高金賞受賞記念っていうことで、感謝価格での販売を3日間、計画しております」
 ところ変わり、船橋市内にあるお店もカレーパンがグランプリで金賞に輝きました。客から「珍しい」との声が上がるカレーパン。その名も「ハニートリプルチーズカレーパン」です。カレーペーストをのせた食パンにハチミツ、シナモンを掛け、3種類のチーズをこれでもかとのせて焼き上げた一品です。
 ソレイユ・鈴木俊介オーナーシェフ:「(金賞を取って)本当、感無量で涙が出て、スタッフに『シェフが泣いてまーす』っていじられました」

こんな記事も読まれています