コロナなぜ子どもの重症化少ない?全国で初の調査へ[2020/11/18 11:09]

 新型コロナウイルスで子どもが重症化する例がなぜ少ないのか、それを解明できる可能性のある全国で初めての調査が始まることになりました。

 調査は横浜市立大学と東京慈恵会医科大学が行います。新型コロナウイルスに感染した16歳未満の50人を対象に回復から3カ月後、半年後、さらに1年後に血液の中にある抗体の量や性質がどのように変わるかを調べます。すでに始まっている大人の調査との違いを分析することで、なぜ子どもは重症化しにくいのか、その解明につながる可能性があるということです。
 横浜市立大学大学院・伊藤秀一教授:「ほとんどの患者さんが治療なしで経過観察だけで良くなるのが小児のコロナ感染症の現実。何が子どもを守っているのかというのを調べることができるのではないかと思う」
 厚生労働省によりますと、国内の10代以下の感染者で死亡した人はおらず、重症化した例もないということです。

こんな記事も読まれています