重症者が過去最多の331人 病床確保を要請[2020/11/24 13:26]

 新型コロナウイルスに感染し、重症となっている患者が過去最多の331人となったことが分かりました。田村厚生労働大臣は都道府県に病床の確保を改めて要請しました。

 厚生労働省によりますと、新型コロナウイルスに感染し人工呼吸器を付けたり集中治療室で治療を受けたりしている重症の患者は、23日午前0時の時点で全国で331人ということです。今月に入ってから2倍以上増えていて、4月30日時点の328人を超えて過去最多となりました。田村厚労大臣は今月24日朝の閣議後会見で、感染状況について「過去最多の水準で大変警戒する必要がある」と述べました。そのうえで、入院病床について「今、十分に空いているところでも1、2週間で埋まる可能性がある」として都道府県に対して改めて病床の確保を要請したと明らかにしました。

こんな記事も読まれています