東京都、今週末からの時短要請へ 協力金も検討[2020/11/25 11:50]

 東京都は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために今週末から3週間程度、飲食店などに対して営業時間の短縮を再び要請する方向で最終調整していることが分かりました。

 東京都の重症患者は24日、約半年ぶりに50人を超えて今後、医療体制の逼迫(ひっぱく)が懸念されています。関係者によりますと、こうした状況を受けて都は28日から3週間程度の間、飲食店などに対して営業時間短縮を再び要請する方向で最終調整を進めています。時間は午後10時までで、要請に応じた事業者に支払う協力金は一日あたり2万円を検討しているということです。一方、「GoToトラベル」については、現時点では国に東京の除外を求める考えはないということです。

こんな記事も読まれています