「釣りキチ三平」漫画家の矢口高雄さん死去 81歳[2020/11/25 13:35]

 大ヒット漫画「釣りキチ三平」の作者で漫画家の矢口高雄さんが膵臓(すいぞう)がんのため亡くなりました。81歳でした。

 矢口さんが代表を務める「矢口プロダクション」によりますと、矢口さんは今年5月に膵臓がんが見つかって病気療養を続けていましたが、今月20日に都内の病院で亡くなったということです。矢口さんの公式ツイッターには矢口さんの次女・かおるさんのコメントが掲載され、「家族が見守るなか、眠るように息を引き取りました」「すごくつらくて苦しかったはずだけど、涙も見せず頑張りました。最後まで格好良い自慢の父でした。パパ、ありがとう。そして、お疲れ様」とつづられています。葬儀はすでに近親者のみで執り行われ、後日、しのぶ会を予定しているということです。

こんな記事も読まれています