都内の新型コロナ感染者は401人 重症者は54人に[2020/11/26 06:10]

 東京都は25日に401人が新型コロナウイルスに感染したことを確認し、重症患者が緊急事態宣言解除後では最多となる54人になったと発表しました。

 都内の重症患者数は前日よりも3人増えて54人となりました。2日連続で緊急事態宣言解除後の過去最多を更新したことになります。また、80代から90代の男女3人の死亡も確認されました。いずれも基礎疾患があったということです。都は重症患者の急増などを受けて島しょ部を除いて、お酒を提供する飲食店などに対して午後10時までの営業時間短縮の要請を決めました。期間は28日からの20日間で、要請に応じた事業者には一律40万円の協力金を支払うということです。

こんな記事も読まれています