横浜刑務所で受刑者ら35人感染 同建物で作業や食事[2021/01/12 18:07]

 横浜刑務所で35人の集団感染が判明しました。

 法務省によりますと、先月15日から今月9日までに横浜刑務所の職員と受刑者合わせて35人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。重症者はいないということです。

 このうち27人の受刑者が同じ建物で刑務作業や食事をともにしていました。

 法務省は「マスクや消毒などの対策は行っていた。感染拡大の原因は調査中」としています。

 刑務所でのクラスターは去年11月に判明した北海道の月形刑務所に続いて2例目です。

こんな記事も読まれています