帰国や入国者全員 出国前の“陰性証明”提出求める[2021/01/13 19:46]

 海外から入国するすべての人が対象です。

 厚生労働省は新型コロナウイルスの水際対策強化のために13日から、海外から帰国や入国するすべての人に対して出国前の72時間以内に検査を受けて陰性を証明する書類の提出を求めています。

 証明書が出せない場合は検疫所が指定する宿泊施設で待機し、入国3日後に再度検査を受けて陰性であることを確認したうえで、さらに14日間の自宅待機などが求められます。

 国内での感染拡大や変異種の確認を受け、厚労省はこうした措置に踏み切りました。

こんな記事も読まれています