東京 500人未満で宣言解除“4月に1000人超”と試算[2021/01/14 06:30]

 東京都の一日あたりの感染者が500人未満に減ってもその時点で緊急事態宣言を解除すれば、4月には再び宣言が必要な状況に戻ると京都大学の西浦博教授が試算しました。

 政府は緊急事態宣言を解除する要件として、対象地域の一日あたりの感染者が500人を下回ることなどを挙げています。

 西浦教授のシミュレーションでは、都内では来月24日ごろに500人を下回ります。

 しかし、その時点で宣言を解除すると、4月14日ごろには一日1000人以上という今と同じ状況に戻るということです。

 解除の要件を一日100人未満にすれば7月中旬までは今のような状況には戻らないとしています。

こんな記事も読まれています