警察署員4人が感染 調査に会食した事実明かさず[2021/01/14 13:10]

 神奈川県警藤沢警察署の署員9人が4日夜に飲酒を伴う会食を行い、このうち4人が新型コロナウイルスに感染していたことが分かりました。署員らは当初の聞き取りに対し、会食の事実を明かしていませんでした。

 神奈川県警によりますと、会食があったのは4日夜で、藤沢警察署の警部以下合わせて署員9人が途中で入れ替わるなどして1次会に7人、2次会に5人が参加していました。

 このうち、2次会に参加した20代の女性事務職員が10日に、刑事課の男性巡査長が11日に感染が判明しました。

 2人は当初の聞き取りに会食について明かしていませんでしたが、外部からの情報提供を受け、13日に追加で聞き取りが行われた際に会食への参加を認めたということです。

 同じ13日にはいずれも刑事課所属で1次会に参加した40代の男性警部補と2次会に参加した30代の男性巡査部長2人の感染が明らかになりました。

 感染者は合わせて4人で、残る5人についても検査が行われています。

 神奈川県警は、「濃厚接触の調査が正確になされないと感染拡大防止策が取れない。極めて遺憾だ。事実確認を徹底し、しかるべき措置を取る」とコメントしています。

こんな記事も読まれています