被害者特別休暇の義務化 池袋暴走事故の遺族ら訴え[2021/02/01 12:12]

 おととし、池袋で起きた暴走事故の遺族・松永拓也さんらが犯罪被害者が精神的な不調から回復するためなどの特別休暇制度を義務化するよう求めました。

 あいの会・小沢樹里代表:「犯罪被害者にとって特別休暇制度が国・企業・行政にしっかり行き渡る形で取り組んで頂きたい」

 松永さんが参加する関東交通犯罪遺族の会「あいの会」は厚生労働省を訪れ、被害者の特別休暇制度の義務化を求める要望書を提出しました。

 治療での通院や裁判の準備のための特別な休暇を取得できる制度が必要だとしています。

こんな記事も読まれています