暖かさや“自粛慣れ”も…延長後も都心の人出は増加[2021/02/11 12:04]

 2度目の緊急事態宣言が延長された後も東京の都心への人出は増加傾向にあることが分かりました。

 ソフトバンクの子会社「Agoop」によりますと、10日午後3時台の都心への人出は1週間前と比べて渋谷で7.1%、東京駅で9.8%、銀座で8.4%、新宿で1.2%増加しました。

 2度目の緊急事態宣言前の先月6日と比べると、各地の人出はほぼ同じ水準でした。

 東京都は飲食店に営業時間の短縮を要請している夜に限らず、昼間も不要不急の外出を控えるように呼び掛けています。

 しかし、3月上旬並みの暖かさや「自粛慣れ」もあって人出が増加したとみられます。

こんな記事も読まれています