1年ぶりの汽笛…秩父鉄道のSL列車が運転再開[2021/02/13 12:24]

 埼玉県熊谷市では約1年ぶりの運転再開となる秩父鉄道のSL列車が13日午前、出発しました。

 牽引(けんいん)するC58形蒸気機関車は今回、大掛かりな点検を終え、車体の塗装なども済ませました。

 運転再開にあたっては客車の定員を70%程度にして車内の消毒を行うなど感染予防策を行いました。

 列車は埼玉県秩父市の三峰口駅まで6時間余りかけて往復します。

こんな記事も読まれています