東北方面の臨時便 JALは16日も運航、ANAは20日まで[2021/02/15 19:13]

 地震の影響で東北新幹線が一部区間で運転見合わせになっていることを受け、全日空は20日まで、日本航空は16日も東北発着の臨時便を運航することを決めました。

 全日空は16日から20日まで羽田と秋田、仙台、福島を結ぶ便や伊丹と仙台を結ぶ臨時便を一日あたり合わせて16便運航します。

 一方、日本航空は16日に羽田と仙台、山形を結ぶ14便を臨時に運航します。

 また、新型コロナウイルスの影響で減便していた羽田と三沢を結ぶ4便を復活させるということです。

 各社ともさらにより多くの人が利用できるよう一部の便を大型の機体に変更することにしています。

こんな記事も読まれています