橋本聖子大臣で候補を一本化 五輪組織委の会長後任[2021/02/17 17:00]

 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森会長の後任を選ぶための検討会は後任の候補を橋本聖子オリンピック・パラリンピック担当大臣に一本化し、就任を要請する方向で調整していることが分かりました。

 17日午前中、検討委員会の2回目の会合が都内のホテルで開かれました。

 組織委員会は参加するメンバーが具体的な候補者を挙げて議論するとしていましたが、その結果、候補者を橋本聖子オリンピック・パラリンピック担当大臣に一本化し、就任を要請する方向で調整を進めていることが関係者への取材で分かりました。

 ただ、橋本大臣はこれまでに後任の打診や要請があったか問われると、「全くそのようなことはない」と話していました。

 橋本大臣が就任の要請を受ければ、組織委員会は早ければ今週中にも理事会を開いて新しい会長を選出する見通しです。

こんな記事も読まれています