天皇陛下 61歳の誕生日 皇居ではお祝い行事[2021/02/23 11:57]

 天皇陛下は23日に61歳の誕生日を迎えられ、皇居ではお祝いの行事が行われました。新型コロナウイルスの感染拡大のため一般参賀は去年に続き行われませんでした。

 陛下は午前10時すぎ、お祝いの行事のため皇后・雅子さまとともに皇居に入られました。

 陛下は宮殿「松の間」で祝賀を受けられ、菅総理大臣からは「お誕生日をお迎えになられ、誠におめでとうございます」などとお祝いの言葉を受けられました。

 誕生日にあたり、事前に行われた記者会見で陛下は次のように想いを話されました。

 天皇陛下:「国民の皆さんが痛みを分かち合い、協力し合いながら、コロナ禍を忍耐強く乗り越える先に、明るい将来が開けることを心待ちにしております」

 さらに、医療従事者などを例に挙げて「我が国の国民の忍耐力や強靭(きょうじん)さに感銘を受けた」と述べられました。

 今年は新型コロナの感染拡大の影響で飲食を伴う「宴会の儀」や「茶会の儀」は行われず、国民が祝意を伝える一般参賀も去年に続き行われませんでした。

 両陛下と愛子さまは夜、お住まいの赤坂御所で家族だけでお祝いをされる予定です。

こんな記事も読まれています